きらら室根山天文台

 きらら室根山天文台 周辺情報   星を探す人   2024年 7月


 7月21日(日)

曇

 月の出の頃まで雲が豊富。

この後、雲が消失してくれました。

久し振りに落ち着いて星々を堪能。





 7月20日(土)

曇一時雨

 雲が無くなる時間帯を期待しましたが、厳しい状態。

雷注意報も頻繁なので警戒。

梅雨末期にしては雨量の少なさも、先々を考えると心配。





 7月19日(金)

曇一時雨

 終日、雲量の多い日。

週間予報が確認するたびに変わっています。

確認に疑問を感じるほどです。





 7月18日(木)

曇一時雨一時晴

 雨上がり後は短時間だけ真夏の風情。

直ぐに梅雨空に戻ってしまいました。

関東、甲信にも「梅雨が明けたとみられる」宣言がでました。





 7月17日(水)

曇

 こちらはサイズ感も数量も控えめ。

色彩でその存在をアピール。

目を引きます。





 7月16日(火)

曇

 室根山のヤマユリも開花し始めました。

花が大輪なので、群生場所では圧倒されます。

私の場合は内心一輪で「怖っ!」て思っています。





 7月15日(月)

曇時々晴

 梅雨明け前なのに、紅葉が目につくようになりました。

夏の盛りの頃に落葉を始める樹木も年々増加。

植物も気候の変化へ適応過程にある?





 7月14日(日)

曇一時雨

 梅雨前線が最終局面を迎えて、天体観望日和は暫らく先になりそう。

本日も、空がクリアになったのは夕方の極短時間のみ。

夏の虫たちが現れる季節になりました。





 7月13日(土)

曇

 本日も、昨日と似た天気。

大気も霞んでいます。

前線のの揺らぎに翻弄されたまま梅雨の中休みが終了?





 7月12日(金)

曇

 天気予報が良好へと変わりましたが上空は雲の通り道。

日中から夜間まで雲が存在し続けました。

周囲の晴天がうらやましい。





 7月11日(木)

曇時々晴一時雨

 降雨もありますが、前線に伴う雲からは外れました。

陽射しが届くと気分も軽くなります。

明日は一旦晴天予報。





 7月10日(水)

雨時々曇

 引き続き降雨。

週間予報で、天気が回復傾向。

まだ、大気の状態は水蒸気過多。





 7月 9日(火)

雨時々曇

 典型的な梅雨らしい天気。

室根山も水分補給日。

前線も暫く停滞しそう。





 7月 8日(月)

曇

 前線に伴う雲と位置が重なりました。

度々山頂付近に雲がかかります。

気温も肌寒いくらいです。





 7月 7日(日)

曇時々雨

 ほとんど雲の中でした。

駐車場では、反対側も確認できないほどの濃霧。

強風は困りますが、木々を吹き抜ける音が魅力的。





 7月 6日(土)

晴のち曇

 日中は、晴れてくれました。

週間予報が明日から悪天候続きです。

白い紫陽花は初めて見ます。





 7月 5日(金)

曇一時雨一時晴

 降雨あり、快晴ありで、数時間後の天気の読めない日。

衛星画像では、前線に沿った雲から離れています。

水蒸気の多い大気に翻弄されています。





 7月 4日(木)

曇

 前線の切れた晴天エリアですが、雲は豊富。

風が強め。

麓と山頂付近の気温差の大きい日が続いています。





 7月 3日(水)

曇時々雨

 室根山の水分補給日。

梅雨前線が揺らいでいます。

今のところ、梅雨時にしては雨量が控えめ。





 7月 2日(火)

晴時々曇

 晴天と曇天の繰り返し。

肌寒さを感じる気温。

週間予報では明日から天気が下り坂。





 7月 1日(月)

曇

 未明には前線に伴う雲から脱出。

しかし、その後も雲が豊富。

西からの気流が奥羽山脈を乗り越える時点で雲が出現し、太平洋側へ。





上へ戻る▲

ロゴ | About Us | Site Map | Privacy Policy | Contact Us | ©2011 Kirara Astronomical Observatory on Mt.Murone